一般社団法人豊見城市観光協会

豊見城市について豊見城市について自然を感じる自然を感じる知る・学ぶ・歴史探訪知る・学ぶ・歴史探訪伝統・文化・祭り伝統・文化・祭りショッピング・飲食・特産品ショッピング・飲食・特産品ホテル・レンタカーホテル・レンタカー豊見城市観光協会について豊見城市観光協会について

豊見城市(とみぐすくし)ってどんなところ


豊見城市は、沖縄本島南部に位置し、北は那覇市に隣接、東は南風原町、八重瀬町、南は糸満市に隣接し、西は東シナ海に面した長い海岸線を有します。多くの渡り鳥が飛来する干潟やラムサール条約登録の湿地、島や河川、丘陵地といった様々な表情をもつ自然、歴史、文化あふれる街です。

古くから豊見城は、純農村としての長い歴史があり、肥沃な農地に恵まれ、戦前は稲作、サトウキビ、戦後は葉野菜づくりが行われ、最近では都市近郊型の農業がおこなわれ、全国一位に輝いたマンゴーなどの果樹類、沖縄県の拠点産地であるトマトなど野菜類の栽培が盛んです。また2箇所の漁港を有しパヤオ漁、フィッシングなどが行なわれています。

また、豊見城には、古より伝わる様々な祭事が今日まで脈々と伝承されています。沖縄におけるハーリー(爬龍船競漕)発祥の地、またエイサー(旧盆の青年踊り)ゆかりの地、幕末ではジョン万次郎滞在の地でもあります。第二次世界大戦では激戦地となり多くの尊い命を失いました。今日の平和を考える場所として旧海軍司令部壕があります。

近年は、那覇空港に近くレンタカー各社の拠点や、道の駅豊崎アウトレットモールなどの商業施設が充実しました。県内最大級の人工ビーチ豊崎美らSUNビーチ瀬長島といった夕陽の美しい憩いの場があり、沖縄県から「エアウェイリゾート豊見城」として指定を受けています。都市開発に伴い人口伸び率も高く、各メディアでは、豊見城市は若い街、成長力全国上位といった紹介を受けています。

“ひと・そら・みどりがつなぐ 響む(とよむ)まち とみぐすく”を将来の姿として豊見城市は発展をつづけています。

>>豊見城市の概要:豊見城市公式サイト
>>豊見城市観光ガイドブック